安全衛生教育、安全衛生に関することなら株式会社SECにおまかせ!全国出張講習可

Tel:058-260-7650

受付 8:30~19:00

お問い合わせ

安全衛生教育

安全で衛生的な職場づくりには良好な職場づくりと安全衛生に対する意識の高揚が必要です。
わたしたちは、職場改善、安全衛生教育の実施を通じて企業の皆さまのお役に立ちたいと考えています。
また、CPDS認定の建設業特化実践セミナーを開設しています。

フルハーネス型墜落制止用器具取扱い特別教育

当該教育について

墜落による労働災害の防止を図るため、「安全帯(墜落による危険を防止するためのものに限る。)」を「墜落制止用器具」と改めた上で、その名称・範囲と性能要件を見直すとともに、特別教育を新設し、墜落による労働災害の防止のための措置が強化されました。なお、建設業等の高所作業において使用される「安全帯」の主な改正ポイントは以下のとおりです。いずれも、平成31年2月1日から施行されます。
1.安全帯を「墜落制止用器具」に変更「労働安全衛生施行令の一部を改正する政令」(平成30年6月8日政令第184号)
2.墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則「労働安全衛生法の一部を改正する告示」(平成30年6月19日厚生労働省令第75号)
3.「安全衛生特別教育」の実施が義務化「労働安全特別教育規程等の一部を改正する告示」(平成30年厚生労働省告示第249号)
当方では、「フルハーネス型墜落制止用具取扱い特別教育」を事業者様に変わり実施いたします。教育修了証も発行いたしますので、ぜひご利用ください。※土日祝日の開催もお受けいたします。

講習の詳細について

受講資格   満18歳以上の健康な方
受講時間   ~6.0時間
実施人数   1名様でも実施します。一度お問い合わせください。
講習料金   料金に関しましては、メール、電話又はFAX等でお問い合わせ下さい。
会場     ご指定の会場(会議室、食堂、事務室等)で机、椅子、黒板(ホワイトボード)をご用意下さい。

 会社、現場等全国どこにでもお伺い致します。
また、同業者の方同士など、グループでの共同開催もお受け致します。
交通費等の実費については、講習料金のお問い合わせの際に合わせてご連絡下さい。

  • お申し込み方法について
    メールまたは電話で開催可能日、交通費等についてお問い合わせ下さい。
    その後メールまたはネット「お申し込み」ボタンから、お申し込みください。
  • 関係法令

    【労働安全衛生規則第36条第41号】フルハーネス型墜落制止用器具を用いて行う作業に係る業務(ロープ高所作業は除く。)特別教育

    安全衛生特別教育規程第24条

  • フルハーネス型墜落制止用器具を用いて行う作業に係る特別教育
    安衛則第36条第24号に掲げる業務に係る特別教育は、学科教育及び実技教育により行うものとする。
  • 特別教育の対象となる業務を行う者は、下表のⅠ~Ⅴに掲げる科目(学科4.5時間+実技1.5時間)を受講する必要があるが、例外として、以下の場合は一部の科目を省略することができる。
  •  

     【受講を省略できる条件】

      フルハーネス型墜落制止用器具の使用等に関して十分な知識及び経験を有すると認められる者について      は、下記のとおり学科・実技の一部の科目を省略することが可能である。

      ① 適用日(2019(平成31)年2月1日)時点において(★)の場所でフルハーネス型を用いて行う作業        に6月以上従事した経験を有する者は、Ⅰ、Ⅱ、Ⅴを省略できる。

      ② (★)の場所で胴ベルト型を用いて行う作業に6月以上従事した経験を有する者は、Ⅰを省略できる。

      ③ ロープ高所作業特別教育受講者又は足場の組立て等の特別教育受講者は、Ⅲを省略できる。

      なお、適用日(2019(平成31)年2月1日)より前に、改正省令による特別教育の科目の全部又は一部

     について受講したものについては、当該受講した科目を適用日以降に再度受講する必要はない。

       (★)の場所とは:「高さが2メートル以上の箇所であって、作業床を設けことが困難なところ

     

    学  科  科  目 範  囲 時 間
    作業に関する知識 ①作業に用いる設備の種類、構造及び取扱い方法
    ②作業に用いる設備の点検及び設備の方法
    ③作業の方法
    1時間
    墜落制止用器具(フルハーネス型のものに限る。以下同じ。)に関する知識 ①墜落制止用器具のフルハーネス及びランヤードの種類及び構造 
    ②墜落制止用器具のフルハーネスの装着の方法
    ③墜落制止用器具のランヤードの取付け設備等への取付け方法及び選定方法
    ④墜落制止用器具の点検及び整備の方法
    ⑤墜落制止用器具の関連器具の使用方法
    2時間
    労働災害の防止に関する知識 ①墜落による労働災害防止のための措置
    ②落下物による危険防止のための措置
    ③感電防止のための措置
    ④保護帽の使用方法及び保守点検方法
    ⑤事故発生時の措置
    ⑥その他作業に伴う災害及びその防止方法
    1時間
    関係法令 安衛法、安衛令及び安衛則中の関係条項 0.5時間
    実  技  科  目 範  囲 時 間
    墜落制止用器具の使用方法等 ①墜落制止用器具のフルハーネスの装着の方法
    ②墜落制止用器具のランヤードの取付け設備等への取付け方法
    ③墜落による労働災害防止のための措置
    ④墜落制止用器具の点検及び整備の方法
    1.5時間
  • 上記科目について、「安全衛生特別教育規程第24条」を完全に遵守して教育を実施いたします。
  • 実技については貴事業場にて実施し、実技教育内容を実技教育証明書へ記載して、学科教育修了証(弊社交付)と共に保存することにより特別教育講習の修了となります。
  • 豊富な講習内容

    講習開催日程一覧